小規模マンションからの ご相談内容とアドバイス

小規模マンションからの ご相談内容とアドバイス
最近のマンション大規模修繕工事は、第三者の客観的なコンサルタントをパートナーとして招き入れて工事を進める、設計監理方式が主流になってきました。
書店やインターネットで検索しても、コンサルタントの存在なしには、何一つ大規模修繕工事が進まないのでは?と思わせるほどです。

コンサルタントを登用しての設計監理方式は、利害関係の外にある、客観的な第三者を工事に関与させ、管理組合のパートナーとして招き入れることで、安心・安全に工事を進めるといったものです。
また、万が一の際を想定して、詳細な図面を作成し、責任の所在を明確にしておこうという狙いもあります。

コンサルティング費用の面でみますと、例えば、工事代金が1億円の大規模マンションならコンサルタントに5%程度、約500万円をコンサルタントフィーとして支払います。
しかし、20~30戸程度の戸数の少ない小規模マンションでも同じように5%でいいかというと、そうはいきません。
1棟のマンションはやはり、1棟分のマンションとして最低限必要な労力が必要となるからです。
戸数の少ない小規模マンションでは、総体予算に占めるコンサルタントフィーの割合が大きくなってしまうなど、こうした点をどのように考えていくのかが一つの悩みどころです。

私どもの会社にも、沢山のご相談が寄せられますが、最も多い質問が「マルリョウさんの工事にはコンサルタントは参加させないのですか?」
という質問です。

実際のところ、マルリョウの大規模修繕工事は、コンサルタントと連携する工事のタイプと、コンサルタントを登用せずにマルリョウ1社で請け負う工事のタイプ、大別して2つのタイプ分かれています。
どちらのタイプがお客様のマンションにフィットするのかは、ケースによって様々です。
コンサルタントにサポートしてもらう必要性が高く、設計上の検討項目が多い場合などは、コンサルタントと連携したほうがよりスムーズです。
一方、診断・工事共に特別な検討項目などもなく、工事会社で完結できるとケースなどではコンサルタントを登用していません。

関連して「工事会社だけだと手抜き工事になりませんか?」
というご質問もあります。

信頼出来ない工事会社や、手抜き工事のニュースなどを見れば、こうした意見が出るのも無理はないでしょう。
私たちの会社で、こうした手抜き工事をしたらどうなるか?
答えは簡単。
すぐに会社がつぶれてしまいます。

28年も前から、大手建設会社の下請け修繕工事会社として、ごひいきにしていただいてここまでやってきた会社です。
一度でも手を抜けば、お互いプロですからすぐに手抜きと分かります。
そんなことをすれば二度と仕事をいただけなくなります。

私ども会社では、コンサルタントに全てをまかせるのではなく、本当に必要な部分だけをコンサルタントに依頼していいただき、工事については直接発注していただくことで、無駄なコストを生じさせない、より安価な大規模修繕工事を実現させています。
マルリョウの修繕工事は料金が明快です。
「下請け工事会社だからもともと安いのか?」
確かにそれもありますが、相手によって値段が違うと信頼を失います。だから誰に出すお見積もりでも値段が変わらないのです。
私たちのホームページに「オンライン見積システム」があるのはそうした会社である証拠なのです。
創業昭和60年
トップページ
会社情報
オンライン見積り
改修工事実績
大規模修繕工事の流れ
完成保証制度&瑕疵保証制度
工事料金事例
マルリョウが高品質・低価格な理由
お客様の声
Contents
セカンドオピニオンで 選択肢を手に入れる
小規模マンションからの ご相談内容とアドバイス

大規模修繕工事・外壁修繕工事・塗装工事・防水工事・コンクリート改質・珪藻土・防カビ

株式会社マルリョウ

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-26-16
ビクトリアプラザ高円寺ビル6F
TEL 03-5929-7783
FAX 03-5929-7784
e-mail : info@maruryo.co.jp
お問い合わせ
Copyright (c) MaruRyo Co.,Ltd